アンズエッセイ -AnZ ESSAY-

アンズエッセイ -AnZ ESSAY-AnZ ESSAY ー小林 正人ー

2016年5月

●彼は姫路出身の28歳。
小学4年から体操競技を始め、岡山関西高校から日本体育大学へ。その後、コナミスポーツで内村航平選手と約6年間にわたってチームを組み、2010年には世界選手権の日本代表として団体銀メダルを獲得したメダリストです。

●中島立貴との出会いは突然訪れました。 ある日、体操競技の恩師と仕事の件で打ち合わせがありました。それが2020年の東京オリンピックに関してのことだったこともあり、中島が第二の人生を探しているという話しになったのです。面識はありませんでしたが、どうしても彼に会いたいと思い、草加市にあるコナミスポーツクラブを訪ねました。今年はオリンピックイヤーということもあり、内村航平選手をはじめ日本代表選手が勢揃いしていました。因みにコナミスポーツ所属、日本代表のヘッドコーチの森泉さんは私の高校の先輩です。

●人の出会いには偶然を装った必然がある、そう感じる事があります。 このような経験は何度繰り返しても、私には奇跡に思えて仕方ありません。彼は他社の内定を断って私の会社を選びました。出会うべきとき、出会うべき人に出会ったということのような気がします。

●中島は第二の人生を踏み出し、私たちと共に夢に向かって歩き始めました。なにも不思議はないようで、けれども奇跡的な、4月のできごとです。

アストラリスダイヤモンドについて

社長メッセージ

AnZ ESSAY -アンズエッセイ-

スタッフブログ

採用情報

インスタグラム

facebook

ページの先頭へ戻る