アンズエッセイ -AnZ ESSAY-

アンズエッセイ -AnZ ESSAY-AnZ ESSAY ー小林 正人ー

2016年10月

●私たちの仕事はと改めて考えます。扱うのは真珠やダイアモンド、その他さまざまなジュエリーという、カタチのあるものです。販路は全国約20箇所の学校生協の組合員様で、各営業メンバーが商品を鞄に詰めて各担当地区の学校へと訪問していきます。所謂、職域販売というものです。 休み時間を利用させていただきますが、様々な事情で昼休み、また放課後のみの展示販売が多くなってきました。その分、先生方とお会いする時間が減少してきましたので、休日を利用した展示会イベントを増やしています。

●私たちのテーマはジュエリーを通じて「皆様の心を満たす」。ジュエリーの販売は、幸福感をお届けするための、いわば手段です。この思いは変わりません。先日、まだ私が田崎真珠さんでお世話になっていた頃にお客様からいただいた手紙を改めて読み返しました。日付は平成11年8月31日、17年前のものです。そのお客様は、初めての真珠を購入するかどうか悩んでおられました。一生物のお買い物ですから慎重になられて当然です。成り行きもあって、私はどんな想いでこの仕事に取り組んでいるかをお話させていただきました。手紙はその後にいただいたもので、一学期の終わりの進路指導の一環である「働く人のプライド」の授業の折、私の事を話してくださったというものでした。

●ビジネスライク、とはいいますが、仕事はそこに人生の在り方が映るものです。そういう仕事であるべきだ、とまではいいませんが、そういう仕事をしていきたいのです。

●心を届ける仕事。宝石の輝きに「心」を託しています。

アストラリスダイヤモンドについて

社長メッセージ

AnZ ESSAY -アンズエッセイ-

スタッフブログ

採用情報

インスタグラム

facebook

ページの先頭へ戻る