オリジナルジュエリー -AnZ Jewelry-

ダイヤモンドの品質についてダイヤモンドの品質について

ダイヤモンドの評価基準として、「4C」と呼ばれる指標があります。
4Cとはダイヤモンドの品質などを評価する基準の4つの要素のことで、
「カラット」「カラー」「カット」「クラリティ」の各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。
専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるための基準であり、一般的に4Cでグレードが上がると希少性も高くなるとされています。
各要素とグレードを知ることは、ダイヤモンド選びには欠かせません。

カラットcarat/重さ

よく誤解されがちですが、カラットは「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位です。1カラット=0.2グラム。重くなればなるほど価値があります。
原石の大部分は1カラット未満の小さなものばかりですので、大粒の原石はとても希少。
カットするとさらに小さくなることを考えると、大きければ大きいほどその価値は高いといえます。

カラーcolor/色

ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついているものがほとんど。そのため、無色に近いものほど高く評価されます。そして
ダイヤモンドの色が、黄色みを帯びるほど希少性が下がります。しかし同じ黄色であっても、小鳥のカナリヤのような極めて美しい発色をしたダイヤモンドの価値は高く評価されます。また、ファンシーカラーという基準でのグレーディングもあり、色は赤、ピンク、青、緑などがあります。

カットcut/プロポーション

ダイヤモンドは好み通りにカットすればいいわけではありません。カットのプロポーションや角度が良くなければ、輝きを存分に発揮することができないからです。「4C」の他の要素が、ダイヤモンドが生まれつき持つものであることに対して、カットは人の手で加えられる要素となります。職人次第で、ダイヤモンドが輝けるかどうか、すなわち価値が上がるかどうかが決まります。

クラリティclarity/クラリティ

クラリティは、「透明度」を表す基準。10倍のルーペでチェックしたときに、キズ・欠け、内包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。透明度が高いほどダイヤモンドの評価も高くなり、包有物が多いと透明度が下がるため、それに比例して輝度も下がってしまいます。

アストラリスダイヤモンドについて

社長メッセージ

AnZ ESSAY -アンズエッセイ-

スタッフブログ

採用情報

インスタグラム

facebook

ページの先頭へ戻る