アンズエッセイ -AnZ ESSAY-

アンズエッセイ -AnZ ESSAY-AnZ ESSAY ー小林 正人ー

2018年12月特別号


●「天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある」。旧約聖書にある言葉です。亡き友人がクリスチャンで、ずいぶん前に教えてくれました。続いて、

●「生るるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、殺すに時があり、いやすに時があり、こわすに時があり、建てるに時があり、泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、踊るに時があり、石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、抱くに時があり、抱くことをやめるに時があり、捜すに時があり、失うに時があり、保つに時があり、捨てるに時があり、裂くに時があり、縫うに時があり、黙るに時があり、語るに時があり、愛するに時があり、憎むに時があり、戦うに時があり、和らぐに時がある」。

●ことし、弊社は大きな試練を与えられました。厳しい経営環境の中で、何とか光が見いだせないかともがきながらも、状況は受け止めるしかないと覚悟して、思い出したのがこの詩文です。

●進退窮まりそうな一年でしたが、気づけば街はクリスマスの色、年も暮れようとしています。今年、思いがけず別れてしまった人、新しく出会った人、みな一生懸命生きているんだなあ、そんなことを思い、胸がジンとなります。

●遅くもなく早くもなく。「みな、そのときにかなって美しい」。生きている今を精いっぱい生きることだけと改めて感じています。今後ともよろしくお願い申し上げます。

●そして――心を込めた MerryChristmas!

アストラリスダイヤモンドについて

社長メッセージ

AnZ ESSAY -アンズエッセイ-

スタッフブログ

採用情報

インスタグラム

facebook

ページの先頭へ戻る