アンズエッセイ -AnZ ESSAY-

アンズエッセイ -AnZ ESSAY-AnZ ESSAY ー小林 正人ー

2017年12月

●自分では選ぶことの出来ない「宿命」のようなものがあります。親も生まれた地も選ぶことはできません。物心が付いて、学校のクラス変えなんかは一大事です。担任の先生や友達など自分を取り巻く環境が大きく変わっていくからですが、人生までを左右すると言っても大げさではありません。その中での経験が、その後の進路を決定することが多々あるからです。そして、選んだ先でまた環境が変わり、その後の進路や生き方に影響を与えます。そしてまた次の進路へ、次の変化へ、を繰り返します。

●そうした葛藤の連続です。当然、苦しみがありますが、葛藤をバネとするとき、成長していきます。一方、幼少期から少年期、そして青年期と成長するにつれ、選べるがゆえに環境の変化を嫌ったり、葛藤を恐れたりすると、成長が鈍ってきます。楽ですが、バネは縮んでしまうからです。

●今年は出会いと別れが急激にやってきた一年でした。大きく変化する社会情勢に負けないよう、会社の環境も大きく変えました。会社も私自身もスタッフも、葛藤の真っただ中といった感じですが、これが成長につながるのだと信じています。成長とは、売り上げが伸びることだけではありません。理想に向かって考え、苦しみ、その中にしかない答えを見出すことです。

●まもなく2017年が終わりを告げます。一年間のご愛顧を心より感謝申し上げます。来る2018年も皆様にとって幸せに満ち溢れた一年でありますように。素敵なクリスマス、穏やかなお正月をお迎えください。

アストラリスダイヤモンドについて

社長メッセージ

AnZ ESSAY -アンズエッセイ-

スタッフブログ

採用情報

インスタグラム

facebook

ページの先頭へ戻る