オリジナルジュエリー -AnZ Jewelry-

アストラリス -ASTRALIS-アストラリス -ASTRALIS-

アストラリスダイヤモンドについて

ダイヤモンドは最も価値のある宝石として君臨し、永遠の輝きは色褪せることがありません。その唯一無二の宝石の中で、まさに「血統書付き」のダイヤモンドが存在します。
それが「アストラリスダイヤモンド」。 卓越した職人により厳選された鉱石に、世界最高峰のダイヤモンドカッターが息を吹き込みました。

アストラリスダイヤモンドとは・・・

ガビ・S・トルコフスキー

ダイヤモンドカッター、ガビ・S・トルコフスキーにより誕生。
「一般的なブリリアントカットの58面に比べ32面多い89面のファセットからなっております。更なる美しさと最大限の輝きを高め、キューレットには目で確認できるスターカットが施されています。
その結果、アストラリスダイヤモンドは従来よりも最高で30%輝きを増したダイヤモンドとなっています。

原石の供給地、研磨前の原石の重量、研磨会社、そして研磨職人にはアストラリス専属の最高の技術者たちが携わったことなど、完成までの「流通経路」が事細かに証明され、また、ガビ・S・トルコフスキーの署名入りの作品であることを証明することになる、ガードル部分にガビ・S・トルコフスキーの署名が入るなど、生まれてからの生い立ちも全てがわかる品質確かなダイヤモンドです。」

アストラリスの特徴

  • ・記念品としてのダイヤモンドルース(裸石)
  • ・固有のシリアルナンバーが入っている
  • ・ガビ・S・トルコフスキーのサインが入っている
  • ・世界共通の保証書がついている
ガビ・S・トルコフスキーのサインとシリルNo

ガビ・S・トルコフスキーについて

1986 年、デビアス社により、史上最大級のカラーレスダイヤモンドの原石が発見されました。重量は原石の状態で600 カラット近くありました。Gabi Tolkowsky は、当時の価値で1億ドルを超えるこのダイヤモンドのために、厳格な仕様に従って原石のカットをおこなうことができる世界の超一流のダイヤモンドカッターたちによるチームを結成しました。 そうしてカットされたダイヤモンドが歴史上最も大きく美しいダイヤモンド「センテナリーダイヤモンド」です。

また、Gabi と彼のチームは、重量 755 カラットのダイヤモンド原石から、「ゴールデン・ジュビリ」という現存する地球上で1番大きなダイヤモンドもカットしました。

The Centenary / The Golden Jubiliee
1939年
トルコフスキー家(ダイヤモンド職人の名門家系)の6代目として生まれる。
1970年
デ・ビアス(ダイヤモンドの採鉱・流通・加工・卸売会社)子会社、ディアトラダ社の会長兼社長として就任
1988年
世界最大の最高品質ダイヤモンド「センテナリーダイヤモンド」と、世界最大の研磨済ダイヤモンドとして認められている「ゴールデン・ジュビリ」をカット
1996年
デ・ビアスグループの世界コンサルタントとして就任。
2002年
祖国に貢献した栄誉を称える証として、ナイトの称号「レオポルドⅡ世勲章」を授与される。
2012年
ダイヤモンドに捧げた人生の集大成として、「ASTRALIS(アストラリス)」を発表。

アストラリスと一般のダイヤモンドの比較

ASTRALIS -アストラリス- / ROUND BRILLIANT -ラウンド・ブリリアント-
ASTRALIS -アストラリス-   ROUND BRILLIANT
-ラウンドブリリアント-
ガビ・トルコフスキー
(トルコフスキー家6代目)
立案者 マルセル・トルコフスキー
(トルコフスキー家4代目)
89面(キューレット除く)
[ 輝きが30%up ]
カット数 58面(一般のダイヤモンド)
研磨前の原石重量が
カット証明書に記載
原石重量 一般的には研磨前
の重量は不明

アストラリスダイヤモンドについて

社長メッセージ

AnZ ESSAY -アンズエッセイ-

スタッフブログ

採用情報

インスタグラム

facebook

ページの先頭へ戻る